死闘! 24時間100キロ歩行! 其の三

24時間100キロ歩行!40kmのチェックポイント、「備前体育館」に18:30頃に到着!

よ〜くよ〜く考えてみると、すでに8時間半も歩いている。
というか思ってたより時間が掛かってる?!?

ん〜・・・?!?
それでも、3月に歩いた「倉敷ツーデーマーチ(40km)」の時より、1時間半も早いからいいかっ!
丁度半分くらいにあたる次の「伊里漁協(49km)」で正式通過タイムが出るし、そこで後半の作戦を考えよぉ〜!
とあまり深く考えることはよして、夜間歩行用の装備を整え、即スタート!

相変わらずの一人旅・・・

只、ここからは距離的にも未知の世界だし、歩を進めるごとに夜の帳が下りるのです。。。

キョ、キョワイ・・・

な〜んてことを言ってる場合ではなく、まだまだ先は長いのでドンドンと進みますっ!
海岸沿いを一人歩くことに集中し、「後、少しで半分だぁ〜! 専属サポーターが待ってくれてる! いつもの慣れたソックスに履き替えられるぅ〜!」と、自らに言い聞かしながらペースを上げようとしたその時、

後ろから鈴の音が・・・
それも近づいてくる・・・

ホンマにキョ、キョワイ・・・

と思いながら、恐る恐る振り返ると・・・
なんとなんと、もの凄い勢いでお爺さんが歩いて来るじゃないかっ!
圧倒されてるうちに追い抜かれたんだけど、よ〜く見るとなんと自分と同じこの「24時間100キロ歩行」の出場者! さっきの「備前体育館」で、夜間歩行用装備を義務付けられたので、ヘッドライトが点いててすぐに分からなかったのだ!
それにしても凄い勢いだっ! どう見ても70前後って感じの方なのに・・・

やばいっ! 爺さんに抜かれたっ!
と思い、慌ててスピードを上げ、必死に離されまいと食らいつきテール・トゥー・ノーズの位置につけ、爺ちゃんの後に付いて行った!

これが実によかった!
鈴の音がとても心地良く、意識せずとも自然に鈴の音に合わせて足が出る!
爺ちゃんは変なヤツに付かれて迷惑だったかもしれないが、自分にとってはペースメーカーとなってくれ、疲れ方が全然違った!
スピードもそれなりに出ていたので、グングンと順位を上げ、伊里漁協まで後少しのところまで来ていた!

そして、中間地点となるもっとも大きい休憩ポイント「伊里漁協」に到着!
公式タイム、「20:17」
まだ、完歩可能な位置に居る!
ということは、ちゃちゃっと着替え、ソックスも履き替え、なるべく早くに出ようと!

タイム計測の後、すぐにスタッフの方が「ぶっかけうどん」を手渡してくれ、うどんを食べながら専属サポーターを探すため、ウロウロ・・・ キョロキョロ・・・
が、見当たらない。。。
あれっ?!? さっき着いたって連絡があったのになぁ〜と思いつつ妻に連絡!

「あっ、ごめんごめん! もう着いちゃった?!? 今、車の中! すぐ行くっ!」

3日の晩は寒かったこともあり、車の中で待ってたみたい。
迎えられはしなかったが、とりあえず来てくれているので一安心!!

で、持ってきてもらった長袖に着替え、防寒着をその上に着、ソックスをいつもの慣れたやつに履き替え、妻に足を揉んでもらいながらエアーサロンパスを足全体にスプレーし、慌ただしく出発っ!

その際、一緒に来ていた専属サポーターの御婦人方に、「なんか、元気そう?!? もっとへばってるかと思ったのに!」な〜んてことを言われながら、心の中では、「めちゃめちゃへばってまんがな!!!!」と唱えつつも笑顔でやり過ごした!(笑)
あっ、こんなこと言うと怒られちゃうかな?!? でも、御婦人方の顔を見たとき、本当に心から安心しました!
疲れて極限の時にそっと手を差し伸べられると、「女神」に見えると言いますが、その通りっ! と付け加えておきます。。。

ちょっと脱線しましたが、実はここからが100キロ歩行の本当の怖いところ、自分との戦いへと向かっていくのです!
まずは、閑谷学校へと続く、真っ暗闇の山道に突入だぁ〜〜!!

と、今回はこの辺で・・・
ん〜、思ってたより「死闘! 24時間100キロ歩行!」シリーズ、長くなりそうでございます。。。

※写真は、中間地点「伊里漁協」

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク