死闘! 24時間100キロ歩行! 其の六

24時間100キロ歩行!「なぜ、歩くのですか?」
「それは、そこに道があるからです。。。」
カァ〜〜ン! 脳ミソまで犯されてきたらしい。。。 残念っ!

なんか少しずつではあるが、人里っぽいというか俗っぽい感じになってきたぞ!
道の両サイドに建物が増えだし、お店らしきものも見えてきた!

でしばらく行くと、おぉ〜〜、コンビニなんぞが見えてきた!
ということは、82kmの休憩ポイントである「セブンイレブン岡山瀬戸店」が近いのか?!?
おっ、おおおおおっ! なんか元気になってきた!

とても単純だが、ちょっとした変化でも嬉しいもんなんです。
なもんでせっかくだから気分に合わせて、ピッチを上げよう!!!
と思ったのだが、さすがにピッチが上がらない!!!
右足のダメージが相当なようで、かばってる左足も結構悲鳴を上げている!!

ここにきてやっぱきたかぁ〜。。。
100kmの道のり、後半というか終盤の20kmくらいは相当ペースが落ちるだろうなぁ〜と覚悟はしていたが、ちと早い?!?
でも、たぶんここって80km前後くらいだよなぁ〜・・・ と足をさすりながら、

んっ?!? まだ20kmもあるやないかぁ〜〜〜っ!!! と現実に直面っ!

なんかもう麻痺っちゃってますが、
もし、あなたが両足の膝を痛め、&疲労で足がパンパンになってて今すぐにでも座りたいってときに、20km歩いてきてぇ〜!!
って言われたらどうします?!?
間違いなくお断りするでしょう!
ってまず目的もなく歩かないって・・・ 確かしに。。。

この状態でどうやって残り20kmを攻略するか?!?
非常に難しい!!
すでに頭もあまり回転しておらず、残り時間と残りの距離からどの程度のペースで行くべきか?!?
ってことぐらいしか考えられなかった。
只、今後ペースが上がることは望めそうにないので、少しでも早く歩かねば!
と気持ちだけ焦るのみである。

そうこうしてるうちに、どうやら82kmの休憩ポイントである「セブンイレブン岡山瀬戸店」の看板らしきものが見えてきた!
お〜すげぇ〜、3月の倉敷ツーデーマーチ(40km)の倍も歩いて来たぞ!
セブンイレブン岡山瀬戸店では、トイレを済ませ、水とおにぎり2個を購入しバッグに詰め、足全体にエアーサロンパスをしっかりして、即効出発!

おっと、ここで同じ初出場ながら、自分よりも全然早いペースでずっと前を歩いていた知人に遭遇!!
知人も相当足にダメージをうけてるらしく、座り込んで休憩していた。
結局なんだかんだで同じタイミングで休憩ポイントを離れることになったのだが、こっちはペースが上がらず、すぐに引き離されていくばかり。
お〜、本当にきてるぞ〜! 思ってた以上にキビシイぞぉ〜!

だが、赤磐の大きい通りに出て一気に景色も開け、気分的には少し楽になった感じで歩けた。
そして、やっと自分がどこにいるかのか、一体どの辺を歩いているのか分かる場所に差し掛かかる!
「TSUTAYA山陽店」である!
「おぉ〜、ここ知ってる知ってる!」
そう、実は岡山駅より東側の地図がまったくもって自分の頭には入っておらず、いままでどの辺を歩いていたのかもよく分からないまま来ていたのである!

ふ〜っ、道も分かり一安心って感じなのだが、
ちょっと待てよぉ〜・・・
場所が分かるってことは、ゴールまでのリアルな距離感も分かるってこと!

え~~~~~っっ!

これはこれで結構凹むなぁ~!
こんなとこ車でしか来たことないぞぉ~! &車以外で来たいと思わないぞぉ~!
この距離をこの非常にキビしい状態で歩かねば、と思うと悲しくなる。。。

只、この辺りから暗闇とはおさらばなのだっ!
やっとここにきて東の空が白んできた!
朝だ、朝だぁ~!
とうとう来ましたよ! 残り時間との闘いが!
が、相変わらずピッチは上がらず、どちらかというと益々足の状態が悪く、少し進んではストレッチ&マッサージ、そしてガードレールや手すりがあると手をつきながら進むようになっていた。

空が明るくなり始めるとあっという間で、少し進んだらもう完全に朝、ヘッドライトも要らない感じ。
只、相変わらずピッチの方は落ちる一方。
益々、足が前に出ていかない。ちょっとした段差でもコケそうになる。

そしてそして、ここまで全く語ってこなかったが、足以外の場所にも深刻な問題がっ!!
本当に全くの想定外だった!
えっ、ウソッ! どうして?!? こんなとこが?!?
さすが100km、なかなか手ごわいです!

90kmポイント手前、ここにきて、ケツが、尻が、イ・タ・イ。。。

と思わせぶりな感じで、「其の六」を終わります。
つづく・・・

※本当に写真を撮ってなかったみたい。。。 写真はスタート前の一コマ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク