スタイラスペン

スタイラスペン

スポンサーリンク

タッチパネル対応のペン!

なぜ今まで使わなかったんだ!

以前から、手書きで書いたものを、
そのままもっと簡単にデジタル化できないかなあ―って思っていました。

がしかし、なかなかお眼鏡にかなうものがなく、
前に触ったことのあるスタイラスペンは使えたものじゃなかったし、
絵を猫いたりするタブレットはなんかピンとこないし、
やっぱどうやっても紙とペンには敵わないよなぁ―と諦めていました。

そんな中、たまたま見たネット記事に、
とってもペン先の細いスタイラスペンが取りあげられおり、
なんかそのときにビビっときちゃったんですよね!

だって以前試したスタイラスペンは、
ペン先が1cm程ある半球型でメッチャ野暮ったい感じだったのに、
その記事に掲載されているペンは、
なんとペン先が2mm以下!

これはもう鉛筆並!

ん―、これで機能的にいい感じであれば使えるかも?!?

少なくともペンも対応アプリも技術的には進んでいるはずだから期待大!

ということで、その後ネットでいろいろと調べ思い切って買っちゃいました!

まずはスタイラスペンです!
チョイスしたのは、見た目の美しい、

Renaissance Pro 〜ルネサンス・プロ〜

普段使っているボールペンとほとんど変わらないデザインであることと、
値段もお手頃でまぁまぁの評価だったので決めました!

そして次に手書きアプリ!
これは機能もさることながら、
今回のペンとの相性もあるので、
ネットで調べ、
Penultimate」と「MetaMoji Note」を試し、
最終的には、iPadだけではなく、
iPhoneでも使える、

MetaMoji Note

にしました!

でついでに、
手書きしたものをそのまま入力できるアプリ、

mazec

を入手!

これもめっちゃ便利で、
あらゆるアプリに手書き入力できる優れものです!

実は、iPad・iPhoneでのキーボード入力、
&フリック入力、両方ともめっちゃ苦手で、
なんとかならないものかとBluetoothキーボードを買ったりして対応してたのですが、
せっかくのモバイルなのに野暮ったくなるし、
大した作業ではないのですが、
接続したりするのが段々と億劫になってまして。。。

ですが、これでスラスラ書いて変換できます!
思った以上に便利っ!

なんでもっと早く使わなかったんだろうって!

でもまぁ紙とペンには敵わないところもまだまだあるし、
上手にアナログとデジタルを利用できたらいいなって感じです!

ただ今回、予想以上の出来、
というか便利さに結構驚いてます!

今やスマホは肌身離さず持ち歩いてるし、
iPadも結構な頻度で持ち歩くので、
プラスでスタイラスペン1本持てば、
どこででもメモが取れるし、
新たな時間のデザインができそうです!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク