脇腹の差し込み

脇腹の差し込み

2月に入ってから、
先月の遅れを取り戻そうと、
精力的にランニングを行っているんですが、
先日久しぶりにものすごい、

差し込み

と呼ばれる右脇腹痛に襲われ、
軽くベソかきながら走りました。

脇腹の差し込み

この突発的な痛み、
一体どんなもので、
どう対処すべきなのか?!?

調べてみた結果と、
自分の対処法をご紹介します!

スポンサーリンク

痛みの原因

自分は痛くなるときって、
右脇腹なのですが、
どうやら左脇腹も痛みが出ることがあるようです。
で、左右の痛みの原因もそれぞれ違うようです。

【右脇腹痛】
こちら側はランニングの衝撃で臓器が揺れ動き、
その臓器に引っ張られた横隔膜(呼吸するときに使う部位)が痛みを発することが原因です。
スピードを出せば出すほど臓器は揺れるため、
質の高い走りをするほど起きる可能性が上がります。
また練習によって横隔膜を酷使した後なども、
弱った横隔膜が少しの揺れで痛むこともあります。

(ラン学 -マラソンブログ-より抜粋)

【左脇腹痛】
急な運動をした時に痛みを発します。
脾臓と呼ばれる血液を一時的に貯める臓器が急な運動によって貯めていた血液を一気に全身へ放出。
その結果痛みを感じます。
また大腸が原因の痛みを発することもあります。
これは大腸のガスや便が溜まりやすい部分が左側にあるためです。

(ラン学 -マラソンブログ-より抜粋)

だそうです。

右脇腹痛の横隔膜って話は聞いたことがありましたが、
左脇腹痛の脾臓って話は初めて聞きました。

まぁ、原因が分かっただけじゃ痛みは取れないので、
早速対処法ですが・・・

対処法

一般的によく言われている対処法は、
脇腹のストレッチ。

右脇腹が痛くなったときは、
右手を高く上げ身体を反対側へ反らす。
左脇腹が痛くなったときは、
その逆で左手を高く上げ身体を反対側へ反らします。
反らす力加減は、
腰を痛めない程度の軽くで大丈夫みたいです。

なるほどぉ〜
今度試してみたいと思います。

ここで自分がよくやる対処法をご紹介します。
それはある意味ストレッチ効果なのでしょうが、
腹式呼吸での深呼吸です。

これをすることで、
横隔膜にアプローチでき、
随分と痛みが和らぎます。

深呼吸する回数ですが、
自分は痛みが和らぐまで、
数回行います。
大体ですが、
4〜5回もすると痛みが和らぎます。

これは試す価値があると思うので、
ぜひやってみてください。

その他なんですが、
面白い対処法を見つけました。

スポーツ科学者である、
Tim Noakes博士が自身の著書、
『The Lore Of Running』に綴っているらしいのですが、
左足の着地で息を吸って、
次の左足の着地で息を吐くように、
左足が地面に着くときだけ呼吸をすると痛みが和らぐらしいのです。

博士が言うには、
肝臓と横隔膜を結ぶ靭帯(中腎横隔膜靭帯)が引っ張られることが痛みの原因であるらしく、
左足の着地時に呼吸をすると、
引っ張りが軽減されるので痛みも和らぐらしいのです。

ん〜・・・

これも今度試してみたいと思います。

まとめ

脇腹の差し込み

トレーニングで走ってるときなら、
立ち止まって痛みが治るまで待つという選択もありますが、
レースではなかなかそうもいきません。

そんなときはぜひ、
走りながら上記の対処法、

  • ストレッチをする
  • 深呼吸をする
  • 左足着地のときに呼吸をする

を試してみてください。

 

P.S.
※ポチッとしていただけると 励みになります※
マラソンブログランキング

P.P.S.
日々のジョギングレポートは、
【Twitter】→ https://twitter.com/aitch0423
【Instagram】→ https://www.instagram.com/aitch0423/
でご覧いただけます!

スポンサーリンク