4年連続歩きます!

瀬戸内倉敷ツーデーマーチ

もうそんな時季ですか?!? 青い封筒がポストに・・・

早いものです。
今回も事務局の方から、
いつもの青い封筒(写真No.1)がポストに!

そうそう、
まだここ3年のことですが、
ライフワークとして毎年出場してやろうと公言してしまっている、
「瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」のご案内と出場申込書が届きました!

それこそつい先日、
今年3月に歩いたメンバーに、
今回も一緒に行くよね!
って確認したばっかりだったので、
グッドタイミング!

思い起こせば、
初出場は2013年。
その年のGWに開催された、
「24時間100キロ歩行」に出場するため、
その前哨戦として、
ツーデーのうちワンデーだけ出場して、
40km歩きました。

で翌年、
せっかくだから、
ツーデーの40kmの2コース中のもうひとつにも挑戦しとこうと思い、
完歩!(写真No.3)

そして今年の3月、
妻も20kmなら挑戦したいというので、
お伴するつもりで20kmにエントリー!
もちろん完歩!
(実は妻は当日風邪をひいてしまい不参加)

その直後、
せっかく3年連続でエントリー&完歩したんだから、
この大会を自分の体力を確認するいい機会と位置づけ、
毎年エントリーしよう!
・・・といってしまいまして。。。

ということで、
来年(2016年)3月12日&13日に開催される、
「第29回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」に、
ワンデーのみエントリーします!

今回エントリーするコースは、
3月13日(日)の20kmの、
「新熊野史跡コース」、
倉敷市役所 - 熊野神社の往復です!

個人的ですが、
今回完歩できれば、
40kmの2コースと
20kmの2コース、
コンプリートとなります!
ひとまず一区切りって感じでしょうか!

このポストをここまで読んでくださったみなさん、
いかがですか?!?
ご一緒しませんか?!?
今のところ、
自分と妻を入れた3名でのエントリーが決定しており、
完歩を目指します!
もしご一緒したい方がいれば、お声掛けください!
ちなみに20kmくらいなら、
練習しなくても制限時間内になんとかゴールはできると思いますよ!

さぁ、終わったあとの格別なビールを味わいましせう!


#

風呂のお供はスマホ&ジップロック!

スマホ&ジップロック

オレだってたまには半身浴と洒落込みたいっ!

いつも烏の行水で、
「半身浴」って響きがオシャレに感じてしまう、
来年(2016年)年男の戯言と思って大目に見てくださいっ!

『また聞き』のことを、
あたかも自分が編み出したように触れ回る勇気もなく、
ひょっとしたら世間では当たり前なのかもしれない?!?
とそんな判断もつかないので正直に言うと、
元ネタは20代の女の子!

でその後、
妻を介して自分の耳に入ったのだが、
『スマホをジップロックの中に入れるとお風呂で使えるよ!』とのこと。

えっ!

とも思ったが、
タッチ操作も問題なく使えるらしい・・・

ってことは、
わざわざ防水用のケースやカバーなんか買わなくても、
キッチンにあるジップロックでオッケーってことです!

だからと言って、
「わざわざ風呂でスマホする必要ないじゃん!」と思いますよねぇ。

その意見には賛成なんですが、
実は密かに、
自宅風呂で『半身浴』ってものをやってみたいと思っておりまして・・・

今回初めて、
『スマホ&ジップロック』っで実現できたんです!

なんだぁ?!?

と思われる方も多いでしょうが、
過去に他の方法で何度も『半身浴』を試みて失敗しまくっていたのに、
この方法だと何の問題もなくできたんです!

元来烏の行水で、
5分も湯船に浸かっていられないタチ。
なんとか頑張ってみようと思っても、
今度は手持ち無沙汰で間が持たず、
『半身浴』ってものが出来ない。

自宅風呂から絶景が見える訳でもなく、
TVが設置されている訳でもなく、
今まで無理だったんですが、
今日は『半身浴』するぜ!
ってときには、
『スマホ&ジップロック』で叶う訳です!

そうそう、
このポストも湯船で書いとります!

いかがですか?
若い女子にならって、
『スマホ&ジップロック』でお風呂タイムを楽しんでみてはっ!!


#

コリコリでつらいです。。。

肩こり&背中痛

どうしようもなくて手もみ屋本舗に駆け込むの巻

仕事柄一日中PCと格闘ってことが多いので、
年中肩コリって感じなんですが、
今日は朝からいつも以上の肩コリと、
背中に軽い痛みが・・・

なんとなくやばいなぁ〜と思いつつも、
いつもより念入りにストレッチしとけば大丈夫だろうと、
仕事前にえっちらおっちらとストレッチしてから、
作業スタート!

がしかし、
時間が経つにつれ益々背中の痛みが酷くなるばかり!
そしていつの間にやら右腕に痺れが・・・

や、やばい・・・

仕事の合間、
マメにストレッチをしても一向によくならず、
悪くなるばかり!

居たたまれず、
血行不良を改善して痛みを和らげようと、
葛根湯を服用!

過去の経験から、
これでよくなるはずっ!

がしかし、
よくならない!
というか酷くなってる感じ。。。

でセラピストでもある妻に相談したところ、
「一先ずマッサージに行ってみたら」と。
あまり気が進まなかったのだが、
この不快感を解消できるならと、
勧めに乗ることに!

って待てよ・・・
確か妻はセラピスト・・・
それも国際資格を持つ、
大変評判のよいゴッドハンドの持ち主!

「?!? あれあれ?!? 旦那は人任せか?!?」
と頭の中に「?」が浮かんだが、
妻は朝からサロンのお客様の施述をしたりでムリは言えなそうなので、
近所の「手もみ屋本舗」へ!

お店に着くなり、
担当の人に症状と「めっちゃつらいねんっ!」てことをしっかりと説明して、
背中と肩を念入りに1時間たっぷりとマッサージしてもらいました!

施術の後聞いてみると、
背中と肩がバキバキなのはもちろんのこと、
どうやら右脇あたりのリンパの流れがが滞っていたようで、
コリと相まって右腕に痺れがでてたよう!

まだ不快感はあるけど、
マッサージをしなかったら、
もっと酷かったろうことは容易に想像がつきます。

今晩は少し長めに湯船に浸かり、
しっかり温めました。
で今、しこたま湿布を貼ったところです!

それにしても今回は酷いっ!
原因はたぶんあれだなっ!

運動不足っ!

ここんとこ全然動いてなかったし、
肩なんか全然回してない気がする。
ちょっとあきませんなぁー
生活習慣を見直して、
体を動かす時間を作ります!


#

Evernote - プレーンテキストでコピペする

Evernote

Evernoteをもっと便利に!

プレーンテキストとして簡単ペーストできちゃう!

今やこいつがないと生きていけないってくらいに依存しまくっている『Evernote』。
なのに今までちゃんと調べなかった所為で随分と時間のロスをしてしまったような・・・

それはなにか?

Evernoteを頻繁に使われている方なら分かってもらえると思うのだが、
例えば、
サイトのURLだったり、
メールアドレスだったり、
リンク情報なんか付加してくれなくていいから、
単なるプレーンテキストとして、
一発でコピペできないかなぁ〜・・・ って。

自分はよくあるんですよねぇ〜
他にもスタイル(テキストの装飾情報)なんていらないから、
単なるプレーンテキストとして、
一発でコピペできないかなぁ〜・・・ って。

一発じゃなければ、
コピペした後、
「フォーマット」から、
「標準テキストにする」か、
「スタイルを削除する」を実行すればいいのだが、
もっと簡単にできないものかと・・・

で、今更だが調べてみたら、
簡単に見つかった。。。

Mac OS X版 ⇒ Shift + Command + v
Windows版 ⇒ Shift + Ctrl + v

たったのこれだけっ!

早く調べりゃよかっか。。。


#

効果絶大! アイマスク!

アイマスク

驚きの安眠効果!

睡眠の質向上を実感!

最近眠りが浅いなぁ―と感じつつ、
歳のせいか?  いやいや、そんなはずはない!
と独り言を言ってみたり、
どこか身体の具合でも悪いのかぁ―って、
気にし過ぎない程度に気にしてみたり・・・

そんなとき、ふと以前目にした記事、
確か雑誌だったと思うが、
安眠に関する特集記事の中に、
「アイマスク」のことが書かれているのを思い出し、
どんなもんだろうと・・・

で軽く考えた(笑)末、
確か100均のトラべルグッズコーナーにアイマスクがあったことを思い出し、
これならお試し程度には最適と思い早速購入!

試した結果、これはいいっ!

安物なので遮光が甘かったり、
着け心地に難があるものの、
明らかに睡眠の質が違う!

よく寝入りから3時間の睡眠の質が最も大切と聞くが、
なんか実感できてしまう感じ!

オマケに朝方の光も入ってこないので、
ギリギリまでぐっすり!

これはスゴいかも・・・

予想以上の効果に気をよくした私は、
ネットでもっといいアイマスクを物色するのであった!

そして、目を圧迫しない立体アイマスクなるものを入手。

ちなみに実際買った商品は・・・
The Friendly Swede - ≪ 立体型安眠アイマスク 2個入り≫

アイマスクを着けて寝るようになって1ヵ月程経つが、
以前よりも短い時間の睡眠でしっかり疲れが取れてます!

今までと同じ睡眠時間でも全く違いますよ。
睡眠の改善をお考えの方、
アイマスクはおすすめです!

睡眠時間をあなたなりにデザインしてみてください!


#
Return to Top ▲Return to Top ▲